株式会社唐沢農機サービス ロゴ

2021/10/15

IR広報ブログvol.2−当社の成長可能性とは

皆様こんにちは。経営戦略企画室の望月です。すっかり秋めいてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。今回はIR広報ブログ第2回として、「当社の成長可能性」についてご紹介させていただきます。

まずその前に、前説として、IR広報業務における株主視点・投資家視点とは一体何なのか。について少しお話しさせてください。IR広報として大々的にブログを書かせていただきますが、現状の当社はまだ未上場の段階ですので、あくまでも金融業界出身者の私個人の見解として気軽にお読みいただけますと幸いです。

投資家の視点とは

このブログをご覧の方の中には、株式投資をされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ずばり、投資家の視点・株主の視点とは一体何なのか…

「この会社に投資したら儲かりそうか」「将来伸びそうな会社か」「夢のある仕事をしているか」「株主還元を重視しているか」「経営者の掲げるビジョンに共感できるか」etc…

投資家の視点というのは、投資家それぞれで全く異なります。「株」というと、何となくお金儲けになりそう・ほぼギャンブルでしょ? そんなイメージをお持ちの方もいるかもしれません。もちろんデイトレーダーに代表されるような短期投資家もいますが、投資家によっては、「この企業今は業績がかなり厳しい時だけど、応援してあげたいから株主でいる」「事業の内容は難しくてわからないけれど、社長の人柄が好きだから株を買っている」「社会福祉活動に力を入れていて共感できるから株主でいる」等々の利益を出すこと以外を目的としている方も多く、株式投資は単なるお金儲けの手段というわけではありません。

そして、どんな投資家にも共通して言えることは、「その企業の今後の成長性」について考えているということだと思います。

唐沢農機サービスにおいても今後、“日本国内の事業をさらに急拡大させたい” “海外事業にも少しずつ着手していく” そういったフェーズに入ることとなり、いくつも高い壁を乗り越えなければならないでしょう。

そのような困難な局面においても、“退出”(投資を辞める)という選択肢を取るのではなく、時には厳しい言葉をかけてくださりながらも、一緒に歩んでくれる株主様こそ真のファンであると言えると思います。もちろん、株を保有していただくことだけがファンの証ではありませんので、当社のサービスを使っていただいて事業のファンとなっていただくことこそが最も大切なことですが、当社においても、様々な方面で長いお付き合いをしてくださる真のファンの皆様が増えてくださると大変嬉しく思います。

当社の成長可能性

投資家視点において大切な「企業の成長可能性」について、先日、9月3日の当社全社会議にて、『成長可能性に関する説明資料(ver.0.1)』というものをお披露目させていただきました。

詳細は以下リンクよりご覧ください。https://www.karasawanouki.co.jp/data/emogp_ver0.1.pdf

こちらの資料は、現在の東証マザーズ市場ならびにJASDAQグロース市場に上場している企業が一事業年度に一度開示を求められている資料の一つです。一般に、グロース市場に上場する企業は高い成長性が期待される一方、相対的にリスクが高くなることが想定され、投資家に合理的な判断を促す目的で、上場している各社から開示されています。

当社はまだ上場を果たしておらず、当然ながら開示義務はございませんが、一人でも多くの方に当社の事業に共感していただきたい! そんな想いの下、この度「バージョン0.1」という形で作成いたしました。上場達成時に、「バージョン1」を皆様に無事お披露目を果たすことができるよう、今後も更なる会社の発展のため、従業員一同より一層、日々の業務に邁進してまいります。

なお、内容については、バージョン0.1ということで、どうかお手柔らかにご覧いただけますと幸いです。

まとめ

私自身、当社に入社してまだ2ヶ月が過ぎたところですし、上記資料にいたっては、作成し始めたのは入社して数週間という時点からでした。当初は、唐沢農機サービスのそれぞれの事業部について深くは理解できていない段階で、魅力を伝える資料を完成させることができるのかと心配しかありませんでしたが、沢山のスタッフの力を借りて完成させることができました。この場をお借りして、ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。

私にとっての大決断だった転職をしなければ、このような経験もできていなかっただろうということを考えると、唐沢農機サービスに入社してよかったと心から思います。今後もIPOを目指していく当社には、高い壁がいくつも待ち受けており、正直なところ、辛いことの方が多いだろうということは覚悟しております。ただ、スタッフ一人ひとりが重要な役目を任され様々な挑戦ができるのも、IPOを目標にして全力で突き進む当社ならではだと考えています!

もし、当社の事業にご興味をお持ちいただけた方やご意見をいただける方、また、唐沢農機サービスで一緒に働きたいと思ってくださった方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせフォームはこちらへ。

リクルートサイトはこちらへ。