株式会社唐沢農機サービス ロゴ

2021/07/22

【プレスリリース】唐沢農機サービス、9月3日開催の全社会議を一般公開。株式会社識学による講演会を同時開催

株式会社唐沢農機サービス(所在地:長野県東御市、代表取締役:唐澤健之)は、
本年9月3日(金)13時30分から開催される期末恒例の全社会議を広く一般に公開致します。
「お得意様、お客様に開かれた、唐沢農機サービスの総会および交流会」をモットーに、
年間の振り返りと来期以降の展望と共に「世の中に必要とされる企業」としての姿を発信します。

▼参考|前年の全社会議の様子(代表ブログより)
https://www.karasawanouki.co.jp/blog/president/tk202011/

主要3事業部門の実績と次期以降の計画を公表

唐沢農機サービスは、先代から受け継いだ農機具修理業を事業化し、平成4年創業。農機具の販売・修理・再生事業、農機具流通プラットフォーム運営(ノウキナビ)、顧客向けウェブサイトの構築や運用コンサルティングなどを行うインターネット事業(ビーズクリエイト)、農業情報メディア(ツチカウ)など、多岐にわたる事業を展開しています。
今回の全社会議では、農機部門・ビーズクリエイト・ノウキナビなど、主要部門の年間実績を具体的な経営指標を用いて公表。
次期ならびに今後3ヶ年、5ヶ年計画の発表、中長期にわたる全社一丸の経営体制とその展望を公開します。

 

株式会社識学 代表取締役社長 安藤広大氏による講演会を同時開催

今回の全社会議では「識学」を使った組織コンサルティング事業を展開する株式会社識学 代表取締役社長 安藤広大氏による講演会を同時開催します。
創業4年でマザーズ市場上場を果たした同社の上場ストーリーなどをテーマに講演。
講演会後半では、安藤氏・池浦 良祐氏(株式会社識学 取締役事業推進本部長)・唐澤健之(株式会社唐沢農機サービス 代表取締役)の3名によるトークセッションを予定。
多くの上場企業を輩出した識学と数年後の上場を目指す唐沢農機サービスが、上場準備における組織マネジメントについて掘り下げていきます。

 

【株式会社唐沢農機サービスについて】

農機具修理業を事業化し平成4年創業。
農機具の販売・修理・再生を行う農機事業、ウェブサイト制作、マーケティング、コンサルティングなどを行うインターネット事業を運営。
また、全国300軒超の農機具販売店が加盟し、累計取引額が12億円を超える農機具流通支援サービス「ノウキナビ」を運営。
農業×ITによる先駆的農業関連ビジネスを展開している。
2021年2月には、八十二銀行、八十二キャピタル株式会社、群馬銀行、SMBCグループを始めとする複数の金融機関から、第三者割当増資、融資契約を含む1.9億円の資金調達を実施、企業成長速度をさらに加速している。

商号:株式会社唐沢農機サービス
代表取締役社長:唐澤 健之
本社住所:〒389-0502 長野県東御市鞍掛846-1
事業内容:新品中古農業機械販売・農業機械修理再生・インターネット事業
(WEBコンサルティング・マーケティング支援・農機流通支援サイト・
ECサイト・情報メディア運営)
ウェブサイト:https://www.karasawanouki.co.jp/

 

【株式会社識学について】

安藤広大氏が「識学」に出会い、講師として2013年に個人事業を開始。
2015年3月に株式会社化し「モチベーションやコミュニケーションなどに依存しないハイパフォーマンスな組織作り」をテーマにコンサルティング事業を展開。
これまでに2,000を超える企業やスポーツチームなどにサービスを提供。2019年新規上場企業85社のうち7社が同社サービス「識学」を導入。
同社自身も2015年の設立からわずか4年の2019年2月にマザーズ市場に上場。

商号:株式会社識学
代表取締役社長:安藤 広大
本社住所:〒141-0032 東京都品川区大崎2-9-3 大崎ウエストシティビル1階
事業内容:「識学」を用いた経営・組織コンサルティング
ウェブサイト:https://corp.shikigaku.jp/

 

【本件の問合せ先】
株式会社唐沢農機サービス
担当:松本
電話:0268-62-5262  メールアドレス: info@karasawanouki.co.jp

全社会議へのご参加を希望される方は、下記フォームよりお申し込みください。
【お申し込みフォーム】