株式会社唐沢農機サービス ロゴ

2021/06/22

株式会社唐沢農機サービス、『農家直売どっとこむ』を事業譲渡

 農機具販売・修理・再生事業、ウェブマーケティング支援事業、農機具流通プラットフォーム「ノウキナビ」事業などを手がける株式会社唐沢農機サービス(所在地:長野県東御市、代表取締役社長:唐澤健之)は、農産物流通プラットフォーム『農家直売どっとこむ』を2021年6月1日付で長野大同青果株式会社(本社:長野県長野市市場3番地7、代表取締役:込山 裕章)に事業譲渡しました。

農家直売どっとこむ|https://www.e-noson.com/

【長野県の農業事業者の成長を加速するために、青果物のプロに事業譲渡】

 株式会社唐沢農機サービスは、「長野県の農業従事者が農機具に積極的に設備投資を行えるよう、農家が儲かる仕組みを作ろう」との想いから、2011年に『農家直売どっとこむ』を設立しました。2020年期の売上は設立初年度比700倍に成長しましたが、『農家直売どっとこむ』をさらに成長させ、農業従事者の持続的経済発展を実現するため、青果物のプロフェッショナルである長野大同青果株式会社に『農家直売どっとこむ』を事業譲渡しました。

 株式会社唐沢農機サービスは、『農家直売どっとこむ』譲渡後も、株式会社唐沢農機サービスWebマーケティング事業部『ビーズクリエイト』を通じ、『農家直売どっとこむ』の成長に寄与していきます。

  

【農家直売どっとこむについて】

 「農家直売どっとこむ」は、畑から消費者の手元へ直送される本当の『直売』のWeb上での実現と、農産物の適正価格での流通を目的に、2011年に設立されました。

 畑から消費者の手元へ直送される本当の『直売』を収穫最盛期に実現させようとすると、注文対応が生産者の大きな負担となります。

 また、安全やおいしさのために手間ひまを惜しまず栽培してきた農産物がむやみな価格競争にさらされることは、生産者の持続的な経済成長にとってはマイナスです。

 そこで、そうした負担や理不尽を解消し、本当に良い農産物を適正な価格で、生産者の畑から消費者に直接届く仕組みをつくり、地域の農業発展をサポートしたいという思いから立ち上げられたのが『農家直売どっとこむ』です。

 

農家直売どっとこむURL:https://www.e-noson.com/

 

【株式会社唐沢農機サービスについて】

 農機具修理業を事業化し平成4年創業。農機具の販売・修理・再生を主要事業とする一方、ウェブサイト制作、マーケティング、コンサルティングなどを行うインターネット事業を運営。また、全国300軒超の農機具販売店が加盟し、累計取引額が12億円を超える農機具流通支援サービス「ノウキナビ」を運営。農業×ITによる先駆的農業関連ビジネスを展開している。2021年2月には、八十二銀行、八十二キャピタル株式会社、群馬銀行、SMBCグループを始めとする複数の金融機関から、第三者割当増資、融資契約を含む1.9億円の資金調達を実施、企業成長速度をさらに加速している。

 

 商号:株式会社唐沢農機サービス代表取締役社長:唐澤 健之

 本社住所:〒389-0502 長野県東御市鞍掛846-1

 事業内容:新品農業機械販売・中古農業機械販売・

      農業機械修理・農業機械再生・コイン精米機運営・インターネット事業

      (WEBコンサルティング・マーケティング支援・農機流通支援サイト・

      ECサイト・情報メディア運営)

 ウェブサイト:https://www.karasawanouki.co.jp/

 

【本件の問合せ先】

 株式会社唐沢農機サービス

 担当:唐澤

 電話:0268-62-5262

 メールアドレス: info@karasawanouki.co.jp

 

以 上