株式会社唐沢農機サービス ロゴ

2019/06/05

ついにこの季節が。。。田んぼの畔草退治!!どっちの機械が良いのでしょうか!?

お世話になっております。
㈱唐沢農機サービス工場長の唐沢でございます。
田植え作業も一段落といったところでしょうか?
しかし間髪入れずに、暑さのためか。。。草が伸び放題。。。畔草刈りに奮闘しなければなりません。よね?(笑)
今回は草刈りメーカーの代表格!!オーレック製の畔草刈り機をご紹介いたします。
 
 

SP852F[新製品]¥253,000(税抜)

SP852F

シリーズハイエンドモデルがフリーナイフ仕様に!
石の多い場所、背の高い草に威力を発揮します。

  • 排気量79.4 cc
  • 刈幅500 mm
  • 刈高35~70 mm
    (4段調整)
  • 走行前進2段 後進2段
  • ハンドル5段伸縮 1,400~2,000 mm
  • フリーナイフ仕様

言わずと知れたスパイダーモアです。やまびこ(共立)モデルとしても販売されています。
畦の法面が多い場所にオススメなタイプ。
ハンドルが上下左右に180度、自由に動かせます。また、長さも5段伸縮 1,400~2,000 mmに設定可能です。
タイヤもスパイク仕様で傾斜地でも軽々と草刈りをします。
ハンドル位置も車体の後方、真ん中に位置していて平面作業にもオススメです。
比較的に価格が安く、弊社でも人気の機種!!

WMC736F¥280,000(税抜)

WMC736F

ラクラク旋回セット標準装備。 フリーナイフ仕様で石が多い場所、背の高い草に威力を発揮!

  • 馬力6.3 ps
  • 最大出力4.6kW
  • 刈幅690 mm
  • 刈高10~70 mm
  • 走行前進2段
    後進1段
  • 駆動2WD
  • トルクリミッター付
  • ゴムクローラ強力駆動

自走型の草刈り機です。法面がない畔にオススメです。歩行型なので滑らかに草刈りが出来ます。
また、一輪タイプで狭い畔上でもスムーズに草刈りが可能。短い法面も左側にある草刈り部分がフリーに折れ曲がるので一気に草が刈れます。
後輪がタイヤタイプとクローラータイプがあり、クローラータイプは安定性が高いのもオススメポイントです。
詳しくは信頼のできる農業機械販売店にご相談ください。
 
唐沢農機サービスへのお問い合わせはこちら