TOPICS

ハンディーツールレンタル事業を開始しました

中古農機はどこで探す?

みなさんこんにちは!

整備・営業担当の山﨑です!!

 

8月に入り、あつ~い夏になると夏バテ気味になりますよね。。。。

夏といえば!夏野菜!

本当にこの季節の野菜はとても美味しいですよね!きゅうりにトマト、ナス、ピーマン、などなど出せばキリがないくらい出てくる夏野菜ですが、きゅうりは冷やして味噌とマヨネーズ、トマトも冷やして塩をかけて食べると夏が来て季節を感じられて幸せだな~と思いますよね!

ご自宅で作った夏野菜を食べても良し!スーパーや道の駅で夏野菜を買っても良し!暑い夏を風邪を引かずに乗り切りましょう!

さてさて、その野菜を作るのに必要な農機具ですが、予算を抑えたいやあと数年しか使わないという方必見!!

「今回のお題は中古農機はどうやって探す??」

でお送りしたいと思います。

まずは、中古についてです。

中古農機を買うメリット・デメリット

メリット

1.価格が安い!

中古は新品に比べ値段が安い事があげられます。

なので、初期投資を抑えたい方や新規就農などであれこれと農機具が必要になってくる方は安く抑えられるのではないでしょうか?

またシーズン中一回しか使わない田植え機、バインダー、ハーベスター、コンバインなどは全然中古で良いと思います。

最近は、悲しいですが離農される方が多いので中古市場で上記に上げられている物が多く出まわっているので程度の良い物があり選べる幅が広がっているのではないでしょうか?

2.エンジンの耐久性があるので長く使える

農機具に付いているエンジンは耐久性があり基本的にはしっかりとメンテナンスを行えば何十年と持つのでしっかりとメンテンナンスされている物であれば長く使う事が可能です。

中古を買うメリットはやはりなんと言っても金額が安いのが最大のメリットではないでしょうか?

デメリット

1.故障しやすい

メリットでも上げた通りしっかりとメンテナンスをしてある農機具であれば良いのですが、中古市場の中にはエンジンオイルも交換しないで、半分壊れてしまっているのではないか?と思われる様な物まであります。

そういった意味でも、信頼出来るお店から購入はおススメします。

2.部品が出ない可能性がある

農機具は基本的には生産から10年経過した物は部品の供給がストップします。中古を買う際は自分が、後何年使うのかをしっかりと考えて購入される事をおススメします。5年以上使うのであれば、新品の方が後々部品の問題で悩まされる事はないでしょう。

以上メリット・デメリットをお伝えしましたが、では何処で購入するのが良いのでしょうか?

1.信頼できる農機具屋さんから購入する

近くに信頼できる農機具屋さんがあれば、どれぐらいの予算で、どれぐらいの頻度で何を作りたいか、などを相談すればあなたに合う農機具を提案してくれると思います。やはり近くにあると壊れてしまった時にすぐ対応していただけるので、近くに農機具屋があれば一度相談してみてはいかがでしょうか?

2.ネットで購入する

ネットと書きましたが、それも下調べが必要になってきます。有名なオークションサイトは確かに金額は安いのですが中には壊れているのかな?と思わせるような物が存在します。それでもごく僅かだと思うのですが農機具の整備知識がない方はただ安いというだけで、手を出すのは危険だと思います。

唐沢農機では、ノウキナビというサイトを運営しております。上記にある不安を解消してくれるのではないでしょうか?

なぜならば、信頼のおける全国の農機販売店さんと契約しそこからお客様の元へ届けられるので、安心して購入する事が出来ます。

ノウキナビのサイトはこちらへ

https://www.noukinavi.com/

以上中古を探すメリット・デメリットをお伝えしましたが、皆様のお役に立てたでしょうか?

次回も色んな農家さんにとって良い情報を提供出来ればと思います。

 

関連記事一覧

PAGE TOP