TOPICS

小物レンタル事業を開始しました

農業機械が修理不能!?どうしたらいいの?

お世話になっております。

㈱唐沢農機サービス専務の唐沢です。

秋の収穫シーズンに突入し、毎日忙しくさせて頂いております。

今回のブログは農業機械の故障について書かせて頂きます。

農業をする上で、農業機械の存在は今や欠かせなくなってきました。

農業機械も様々で、トラクター、田植機、コンバインに管理機、草刈機や運搬車。稲作をやるだけでも複数の農業機械を保有しなくてはなりません。

毎日使用するわけではないので、耐久年数も15年以上は使用します。長いものは30年以上も同じトラクターを使い続ける人もたくさんおられます。

そこでポイントになるのが修理です。当然、形あるものは故障もしますし、調子が悪くなることもございます。

農業機械も同じです。

ですが、困った事に中には修理自体不可能なケースもあります。

例えば、部品自体が供給可能年数が過ぎていて、部品がない。。

そもそも、使用している農業機械のメーカーが倒産している。。

こんなケースは、農業機械業界では当たり前に起こります。

長い期間使用しているので、当然と言えるのでしょうが。。ほんの小さな部品さえあれば修理できるのに。。。

ですが、農業機械ですから仕事が出来なければただの鉄の塊です。

仕方がないので新品機械を検討。。。予想以上に高価でびっくり。。。

そもそも、修理費用をそれなりにかければ治ると思っていたのに、修理できないから新品購入で何十万円!!!

正直、普通の農業機械販売店だと、修理する。出来なければ新品を買う。この2択しかありません。当然中古農機の選択肢もありますが、ほとんどの農業機械販売店では積極的に中古農機を扱いません。

なぜか。。。新品農機が売れないからです!!

農業機械業界ではなかな新品販売が厳しい現状があります。そもそも、自動車の様に壊れる前に乗り換える事をしません。

修理ができる限りは使用するケースがほとんどで、修理不能になって初めて新車購入にありつけるからです。

仕方なく新品を購入している現実があります。

しかし、弊社㈱唐沢農機サービスではすべての選択肢をお客さんにご用意しています。

割安な中古農機も積極的に集めています。また、全国から様々な媒体を駆使し希望の中古農機をお探しします。

展示場も併設していますので、中古農機も実際にご覧になり安心して購入できます。

さらに、整備センターもありプロフェッショナルなスタッフがその後のアフターも対応します。

農業機械に関わるすべてを完全にサポートしています。

是非1度おこしくださいませ!!!

唐沢農機サービスへのお問い合わせはこちら

関連記事一覧

PAGE TOP