TOPICS

草刈り機レンタル事業を開始しました

スピードスプレイヤー(SS)を比較してみた

こんにちは農業事業部の井上です。
最近では、イチゴの栽培をしながら沢山の農家さんにお会いして勉強することを目的に農機具の営業をさせていただいております。
東御市はワインぶどうの栽培が盛んということでスピードスプレイヤー(以下SSと省略します)のお話をよく聞きます。
そこで今回、丸山さんとショーシンさんの4輪で500Lタンクの最安のSSの機能を比較して見たいと思います。

スペック

丸山製作所:SSA-E501DX

ショーシン:3S-H501

定格出力

丸山製作所が12.2psなのに対してショーシンは15.6psとショーシンさんの方が馬力が強いです。ですが3馬力の差ですので使っていてもそこまでの違いはないと思いますが同じ500Lの水を運ぶのには小さい馬力より大きい馬力の方が快適といえるでしょう。

噴霧量

丸山製作所が42.3L/mに対しショーシンが63L/mとこちらもショーシンの方が1分間に対する噴霧量が多いという結果となりました。規模が大きい人にとっては噴霧量が多い方が作業が早く終わるので10Lは意外と大きな差かもしれません。

気になる価格は?

丸山製作所:SSA-E501DX

2,246,400円(税込)
ショーシン:3S-H501

3,564,000円(税込)

スペックで勝るショーシンの方が100万円以上高い結果です。
丸山製作所も沢山のSSの種類がありショーシンさんの3S-H501と同じスペックのものもあります。金額は3,672,000円でそこまで金額は変わらない結果となりました。

まとめ

今回、丸山製作所とショーシンさんの4輪で500Lタンクの最安のSSを比較してみましたがいかがでしたでしょうか?
ショーシンはSSを初めて60年の会社さんでSSの専門企業といっても過言ではないでしょう。
500LとはいえハイスペックなSSでプロの果樹農家さん御用達といったところでしょう。
丸山製作所もマルチスプレイヤー、刈り払い機、チェーンソー、噴霧器など農業関連商品を多数だしています。
そういった背景から4輪で500Lタンクの最安のSSが販売されているのではないでしょうか。
SSの購入を検討している方に「この会社のSSを買いましょう」とは断言できません。
自分のお財布事情・所有している農地の規模と農地の状況(傾斜地かどうか)・あと栽培品目によると思います。(判断する要素が多くてすみません)
少なくとも弊社ではみなさんにあった農機具を紹介できると思いますので、何か聞きたいことがありましたらお問い合わせください。


お問い合わせはこちら!

関連記事一覧

PAGE TOP