TOPICS

ハンディーツールレンタル事業を開始しました

草刈代行のススメ(まとめ編)

お世話になっております。農業事業部(カラサワファーム)の依田です。

今年は秋になっても暑い日が続いたり、いきなり寒くなったりとなかなか気温が安定しない年です。

さて、今年は雨の日が多く、農作物に影響が出ているところがあります。特に桃やブドウなどの作物は生育がよろしくないようで、出荷が早々に終わってしまったり、価格が安定しなかったりするそうです。

雨が多いということは草の伸びが早く、夏場などは刈ってもすぐに伸びてきて農作業をするものにとっては大変です。また、農業まわりにかかわらず庭や道などの除草作業もなんとかしたいものですね。

今回は何度かやっている弊社カラサワファームの草刈り代行サービスをご紹介したいと思います。

まずはお問い合わせ

とにかくまずは問い合わせて下さい。

お問合せいただいた時に、まず、こちらからお尋ねするのは、家の庭なのか、畑、水田、耕作放棄地なのか、斜面はあるか、草の伸び具合や広さなどです。

特に耕作放棄地や傾斜がある斜面は、坪単位の料金が少し変わるので注意が必要ですが、乗用モアなどの入れる広い圃場などは基本料金だけで作業を行うこともあります。

私どもがあらかじめ電話で状況を把握できれば、その場で面積や距離などの大まかな値段が出せますので、ここで料金が分かればお客様が依頼されるかどうか、判断する目安になるかと思います。

耕作放棄地でも対応可能です。

見積もりから作業までは?

事前の電話で大まかな見積もりが取れましたら請求書を発行いたしますので、前払いか、もしくは作業終了時のお支払となります。なお、作業中に追加で作業を依頼してもらっても構いませんのでその際は作業員にお申し付け下さい。

作業に応じて使う機械を変えていますが、それはこちらの判断ですので、料金を気にする必要はありません。

同意後、作業を行います。

作業を始める前に同意書を書いて頂き、その後作業を行います。

使う機械は主に刈り払い機や乗用モア(左画像)・耕作放棄地などの手ごわい場所ではハンマーナイフモア(右画像)を用いています。

作業後は依頼者様に現場を見ていただいて、依頼どおりの作業であったかのご確認をお願いします。ご確認後、同意書にサインをしていただき、料金のお支払いになります。

依頼について

依頼者様の中には作業後に次の依頼をしてくださる方もいらっしゃいます。年数回とあらかじめ時期を指定していただければ、定期的に作業を行うことも可能です。

お盆や連休前に来客に備えて庭を綺麗にしたいなど、畑や水田以外の依頼をしていただく方も多いので、まずはお問い合わせ下さい。

現時点で受付ている範囲は東御市・佐久市・上田市・軽井沢方面となります。

昨今、高齢化や作業をする人がいないということで草刈依頼が増えてきています。特に伸びすぎて手に負えない状態の畑は機械がないと大変な労力がかかります。

草刈作業で困ったことがありましたらとにかく問い合わせてみて、見積もりを取ってみてはいかがでしょうか?

 

お問い合わせはコチラ

関連記事一覧

PAGE TOP