平昌オリンピックで注目!韓国のイチゴを食べてみた!

大健闘!平昌オリンピック!

先日閉幕した冬季平昌。
日本代表は見事13個のメダルを獲得することができました!
その中で注目されたのが「カーリング女子日本代表」、世界ランキング7位ながら見事3位、銅メダルを獲得しました。
素晴らしい結果もさることながら、試合中の休憩「もぐもぐタイム」は世間をにぎわせました。
「もぐもぐタイム」で食べていたおやつがイチゴであったことから私も注目しておりました。
今回はカーリング女子日本代表が食べていた韓国イチゴについて書きたいと思います。

韓国産のイチゴについて

先日、シャインマスカットの輸出で香港に行きましたが日本と韓国のイチゴが数多く並んでいました。

輸出用とあってかなり早い収穫をしている模様です。
日本から輸出されているイチゴはこちら

比べると全く色が違いますよね。 それにしても韓国産青い…

気になる韓国産イチゴのお味は?

今回、食べた韓国産イチゴは先ほどの写真のものでしたので、現地で食べたものとは一概に比較できませんが、一言で言うと
「美味しくない」です。
筆者、日本・オランダにて約30種類ほどのイチゴを食べて来ましたがワースト3に入る味でした。
ですがカーリング日本代表女子が食べていたイチゴは大きく非常に美味しそうでしたね。

韓国のイチゴについて

テレビなどの報道で知っている方も多いと思いますが韓国品種の50%以上が日本の品種と言われています。
カラサワファームでも生産されている「章姫」も韓国へ違法に流出しており、かつてはそのほとんどが日本産と言われておりました。
品種に関してはちょっと残念な韓国ですが、栽培技術は非常に高いと言われています。
施設園芸の最先端オランダの技術は早くに導入し、始めはほとんどがマネばかりでしたが現在では韓国流にアレンジされ、日本にも韓国の農業資材が輸入されています。
非常に寒い韓国の地で開発された保温資材はとても効果が高いと言われています。
今後、韓国も独自の品種を開発して日本と切磋琢磨できたら良い関係ができるのではと思います

まとめ

今回、カーリング女子日本代表で注目を浴びた韓国産イチゴについて書いてみましたがいかがだったでしょうか?
筆者が食べた韓国産イチゴとカーリング女子日本代表が食べていたイチゴは簡単には比較できませんが韓国産イチゴも色々あるんだなーと知っていただけたら幸いです。
また「もぐもぐタイム」を機に毎日の休憩時間にイチゴを食べる習慣が日本に浸透してきたら嬉しいですね!

カラサワファームのイチゴ買えます


興味のある方はこちらまで

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP