TOPICS

第13期全社会議 一般公開のお知らせ

第4回全社合宿:ビーズクリエイトの様子をご報告

第4回全社合宿

どうも唐沢農機サービス経営推進部の神林です。
先日の2019年3月2日(土)は、唐沢農機サービスの第4回全社合宿でした。

その時の様子をレポートいたします。

今回は、当社の2本柱である農機事業部とビーズクリエイト事業部に分かれて、「第13期の売上粗利目標を考えよう!」というテーマで1日ワークショップを行いました。
今までと違ってちょっと「お堅い」テーマでしたが、今まで同様1日頭をフル回転させて「会社がよくなること」を考える1日になりました。(そして夜は焼き肉へ!)

私は、ビーズクリエイトチームのファシリテーターとして全社合宿に参加させていただきましたので、ビーズクリエイトの様子についてレポートいたします。
前半戦:各々宿題発表

今回の全社合宿では、各々が考える第13期の売上粗利目標をまとめていました。
まずは各自自分の考える、目標について発表し合いました。その中で、各々が「課題に感じていること」や「実はよくわからないこと」などを共有しあい、理解を深めました。
後半戦:チームとしての目標値を定める

各々が考えた目標を、チームとしてひとつにまとめる作業を行いました。
いつもチームで仕事をしているだけあって、各々が出してきた目標値や内訳は概ね一緒の方向性でした。数字はもちろんですが、具体的なアクションをどうするかというところまで話は広がっていきました。
発表:チームとしての目標についての発表を行う

ビーズクリエイトはいくつかの商品がありますが、その中でも主力商品いくつかに絞って、次年度以降営業を進めていくようです。1つの模造紙に、今回の目標の「まとめ」を記載して、発表してもらいました。
まとめ

唐沢農機サービスとしては、事業計画を作成する試みは実は第二回目でした。
第1回目の計画はどちらかというと上から落ちてきた計画でしたが、
第2回目の計画は現場から積み上げる計画になっていくと思います。

そして、チーム間で、売上だったり、原価だったり、粗利だったり、
営業手法や、つよみや課題について「共有」できたことが
ひとつ財産になりそうな気がした第4回全社合宿でした。

第12期も好調なビーズクリエイトですが、
第13期はもっとよくなるようにしていきたいですね。

当社で働いてみたいという方は、ぜひこちらもご覧ください。

関連記事一覧

PAGE TOP