TOPICS

ハンディーツールレンタル事業を開始しました

格納整備

その年の愛車への感謝と、来年もまた気持よく動いてもらうために。

格納整備とは

農閑期に農家のみなさんが確認しておくべきことの一つとして、格納整備というものがあります。
格納整備とは、農機具を使っていない時期に点検し、整備するサービスです。
定期点検と同じく、農作業には欠かせないイベントです。
これら点検・整備にあたっては、事故などの観点からもプロの確かな技術力によって手間をかけて行う必要があるため、お近くの整備士にお任せすることをお勧めします。

格納整備の目的

事故や故障などを未然に防ぐためにも、農閑期のメンテナンスや定期点検・整備は欠かせません。
機械によっては故障していても、そのまま使えてしまうものもあります。そうすると早期発見できた可能性のある故障なども見落とされてしまって農機具が使えなくなってしまい、直すのに莫大な費用がかかることもあります。余計な費用が嵩むのを防ぐためにもやっておく必要があるのです。

格納整備の流れ

ご依頼
格納整備をご希望の農機を直接お受け取りに伺います。
見積り
引き上げた農機の修理箇所を確認し、お見積りを差し上げます。
点検
弊社サービススタッフが責任をもって格納整備を行います。
配達
点検・整備が完了した農機を配達致します。

お問い合わせはこちら

こんな整備も行なっています

  1. 出張修理
  2. 基幹部分の整備など重整備
  3. 格納整備の必要性
  4. 格納整備のメリット

出張修理

お電話でご依頼をいただきましたら、修理の可不可に関わらず「その日のうちに」お客様のもとへお伺いします。
お客様と直接お話しさせていただいた上で、その場で修理をしたり引き揚げさせていただくサービスです。

詳細はこちら

基幹部分の整備など重整備

すでに壊れてしまっている農機具を修理するサービスです。
スピードスプレーヤーについては、初めから終わりまで弊社にて修理する技術力があります。

詳細はこちら

なぜやる必要があるのか

長期間農機を格納するときに、農作業によってついた泥などをそのままにしておくと、さびやすくなってしまったり、ネズミが入り込み、巣を作ったり配線をかじったりする恐れがあります。これらのことは事故や火災、機械の故障に繋がる恐れがあるので、点検整備を行うことで未然に防ぐことが必要です。

格納整備をすることでどんなメリットがあるのか

格納整備をすることで

  1. 機械が、整備をしない場合よりも長持ちし、結果的に維持費を抑えられコスト削減につながります。
    →故障によって余計なコストがかかる前に点検・整備に出すことで、機械にも農家にとっても負担が少なくなります。
  2. いつでも良好な状態で使うことができる、いざという時の対応も柔軟にできます。
    →農業では適期収穫がとても重要です。適期を逃さないためにも機械をいつでも使える状態にしておくのは必須です。
  3. 燃費が良くなるので経済的です。

農業に携わっている方々の定期点検不足が問題視されています。
使えているのでまだ大丈夫と思ってそのまま放置しておくことで農機の劣化が進み、春先に使おうと思ってもトラブルに見舞われる恐れがあります。
そうならないためにも定期的に点検することをお勧めします。
そして、農閑期には格納整備を行うことをおすすめします。

唐沢農機サービスでは農閑期である11月・12月に格納整備のキャンペーンを行っております。
詳しいことが知りたい方は当社までお問い合わせください。

PAGE TOP