農業事業部

農業事業部

カラサワファーム

唐沢農機サービスでは、2017年7月新たな事業部として、「農業事業部(カラサワファーム)」を設立しました。
当社では、農機具の販売・修理・再生を主要事業としてきましたが、2013年に立ち上げたインターネット事業部「ビーズクリエイト」は、今では大学や大手銀行などのホームページの制作・運営・コンサルタントを行っており、農機事業に並ぶ2本柱です。
「農業事業部(カラサワファーム)」は3本目の柱として、当社が提唱する“マーケティング型農業”の一角を担う事業としての位置付けとなります。

マーケティング型農業とは?

簡単にいうと、インターネット事業ですでに確保されているマーケットに、農業生産物を流通させる仕組みです。現在、インターネット事業部で運営している「農家直送どっとこむ」は、最新のマーケティング手法で独特なマーケットを獲得しており、豊富なデータが蓄積されています。農業事業部は、マーケット・データを基に、その市場に最も適した農作物を生産し、インターネットを通して全国に販売する事業となります。

常に最新の農機を活用した生産性の向上と、その中で発生した中古農機の流通までを視野に

農業事業部では、生産性を高めるため農機販売部門と連携して常に最新の機械を導入します。したがって、農機具の入れ替えによる中古農機が早いサイクルで増加することになります。ここで発生した中古農機は、農機部門で丁寧にメンテナンスを行ったうえで、農機具流通サイト「ノウキナビ」に出品され、良質な中古農機として流通し、全国の農機具販売店並びに農機ユーザーに販売されます。

活動の指針

(1)生産  

現状の多くの農家はプロダクトアウト(作り手が良いと思うものを生産)で、実際の市場ニーズを満たしていない場合が多くみられます。当社農業事業部では、「農家直売どっとこむ」で蓄積した、「どんな人が何を望むか」というデータを元に 市場ニーズを優先した農業を実現します。

(2)販売  

当社では「農家直売どっとこむ」を通じて、どういう人が何を求めているのかデータとして保有しています。消費者がほしいものを作って「農家直売どっとこむ」で販売することで、努力に見合った金額で、顔の見えるお客様に買ってもらうことができます。

(3)派遣  

2017年現在、日本の農業人口は減少の一途を辿っています。様々な事情で、受け継がれてきた農地が放棄地となってしまう事例も多くあります。当社農業事業部のスタッフが、そのような農地に派遣され、作業を行うことで、次世代に農業を受け継ぐ礎となることができます。

「貴重な農地を眠らせている」
「自慢の農産物をインターネットで販売したい」
当社農業事業部への生産/販売委託をご検討ください!

「農地」をお持ちの場合

①相談
まずは規模・耕作放棄地・不作地・定植品目などの情報をご連絡ください。
②視察
実際に現場を視察させていただきます。
③ご契約
農地状況を確認し契約の場合は契約条件を話し合います。
④生産
契約後、弊社が責任を持って農地を管理し、農業生産を致します。

「農産物」をお持ちの場合

①まずは希望金額、希望数量をご相談ください。
・農産物数量が少ない方
弊社の農家直売どっとこむに登録していただき商品を販売していただけます。
・農産物数量が多い方
数量が多い場合は価格交渉を含め相談させていただきます。
②買取
弊社にて農産物を買い取らせていただき、弊社と契約している実需者へ販売させていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0268-62-5262

メールでのお問い合わせ

問い合わせフォームはこちら

PAGE TOP