TOPICS

ハンディーツールレンタル事業を開始しました

話題の農業ドローンを比較!実用性はどうなの?

こんにちは!農業事業部の井上です。
農業の永遠の課題の防除。
かつては手散布、技術の発展によりスピードスプレイヤー、ブームスプレイヤーが出てきてかなり効率的に防除ができるようになりました。
そして最近、話題になっているのが「ドローン」です。
ヘリコプターにくらべると安価で局所施与できるので農薬代の節約になります。
今回は現在発売されているドローンの中から2社比較ご紹介いたします。
*ドローンの操作には法規制ではありませんが、安全な散布のために、農林水産航空協会による技能認定、機体の登録、事業計画書の提出をすることが推奨されています。

丸山製作所_液体散布用マルチコプターMMC940AC

仕様

薬剤タンク:5L(散布使用時4L)
最高圧力:0.8MPa
機体質量:6.5kg
吸水量:0.8〜1.0L
バッテリー:リチウムポリマーバッテリー×2本使用
充電:40分〜60分

特徴

1.操縦をサポートする機能が満載

各種センサーが機体の高さや位置を安定させるので、操縦者は最低限の操作で安全に散布作業を行えます。また、GPSを利用した速度制御機能付きなので、簡単に一定の速度で飛行させることができ、防除で重要な均等散布が特別な技能無しに実施できます。

2.不慮の事故防止や飛行範囲を制限する機能搭載

何らかの原因で送信機の電源が切れた場合は、噴霧を停止しその場で自動的に緊急着陸を行います。 離陸地点から半径200m・高度30mを超えようとすると操縦ができていないと機体側が判断し、離陸した地点に自動的に戻ります。

3.定評のある丸山製作所の液剤散布装置

マルチローター専用に開発した無人ヘリでも実績のある国産の丸山オリジナルポンプやノズルには、丸山ならではの技術が各所に活かされています。 耐久力、メンテナンスのしやすさに定評があります。
噴霧角度が広いフラットパターンのノズルを採用。
丸山製作所の液剤散布装置(S-1510MC)は農林水産航空協会に認定された散布装置。

4.自動帰還モード

電源を入れた地点を記憶します。飛行練習時など機体の向きを見失った場合でも、自動帰還モードに切り替えることで記憶した地点に自動で戻ってきますので、安心して使用できます。

5.軽量でコンパクトな機体

機体の直径は約1m、重さはバッテリーを搭載した状態でも8kgと非常に軽量なので一人でも簡単に持ち運びを行うことができます。乗用車にも入るので非常にコンパクトなサイズです。
※バッテリーは2本で約1.5kgです。

DJI AGRAS MG-1

特徴

1.A3フライトコントローラー

MG-1は高性能な A3フライトコントローラーを搭載しているため、高い信頼性を実現します。
農業での利用に最適化したアルゴリズムにより、外部の振動で液体が揺れ動いた場合でも安定した飛行が可能です。
A3は2つの気圧計と2つのコンパスを装備。冗長性を採用した設計なので、1つのセンサーで不具合が生じた場合でも、
もう1つのセンサーがフライトを維持し、安全性と信頼性を強化しています。

2.レーダー認識機能

高精度な3つのマイクロ波レーダーが、噴霧タンク前後の傾斜部と下部に配置されています。これらのレーダーが地形を認識することにより、機体は高度を確認することができます。3つのレーダーを搭載することで、より正確な高度情報を取得し、作物から一定の距離を保つことが可能です。

3.高精度な噴霧システム

新しい噴霧システムの採用により、さらに高精度な噴霧が可能になりました。前後1組ずつのノズルを制御する互換性のある2 つのタンク が搭載されており、
現在、次の3 つの噴霧モードが使用できます:前方噴霧、後方噴霧、全面噴霧 新しい圧力センサーと流量センサーはリアルタイムで噴霧速度を監視します。
これにより散布中の噴霧速度や噴霧量の動的制御を実現します。下方向の気流をより有効に利用するために、延長ブームを備えたノズルが使用されています。
この噴霧システムはより正確にコマンドに反応できるようになり、散布作業の精度と有効性が向上します。

4.自律散布システム

本機能を使えば、効率的な飛行ルートを自動的に作成したり、編集したりすることが可能なので、作業の利便性が高まります。また、液体残量を自動で計算し、お知らせします。

5.作業効率を考えた送信機

送信機には、強い日光の下でも視認性が高く明るい5.5インチ / 1080pのディスプレイを採用。また、MGインテリジェント・オペレーション・プラニング・システム*1が内蔵されており、作業効率を上げることができます。送信機のバッテリーは、最大5時間の稼働時間を実現し、屋外での長時間の作業を可能にします。

値段

丸山製作所_液体散布用マルチコプターMMC940AC

2,376,000円

DJI AGRAS MG-1

1,300,000円前後

まとめ

丸山製作所液体散布用マルチコプターMMC940ACとDJI AGRAS MG-1の特徴を中心に比較させていただきましたがいかがだったでしょうか?
今回のブログを見るとDJIの方がコストパフォーマンスが高いように感じますがDJIは現在、日本国内向けに仕様を変更しているとのなので、国内で発売されるには少し先になりそうです。現在、丸山製の防除機を使っている方は丸山のドローンから試してみてもよいかもしれませんね。
農業ドローンについて電話で問い合わせる

農業ドローンについてメールで問い合わせる

関連記事一覧

PAGE TOP