TOPICS

10/14 無料オンラインセミナーを開催致します

クボタ 乗用田植機[ナビウェル]!!

こんにちは、掛川です。

各メーカーから出ているスマート農機、

今回は、その中でもクボタの乗用田植機[ナビウェル]について書いていきたいと思います。

ICT

GPSアンテナユニットが、ICT田植機のアイコン。

株間キープ、施肥量キープ(F仕様)、直線キープ&条間アシスト(GS仕様)、

そのすべては能率的な田植え作業のデザイン(計画)にあります。

インターフェース

ICT田植機のコアは、オペレータと田植機をつなぐインターフェースデザイン。

作業の状況、機体の状況、操作のフィードバックなど、すべての情報を正しく伝えることで、オペレータの適切なアクションにつなげていきます。機械の能力を存分に引き出すこと、それをどなたにでもりよういただけること。[ナビウェル]はICT田植機に求められるインターフェースデザインを追求しました。

GPSを活用したICT

株間キープ・施肥量・直進キープ&条間アシストで、簡単操作と高精度作業、そして低コスト農業を実現します。

①「株間キープ」は、ぬかるみの強い湿田などでは、車輪がスリップすることにより株間(苗と苗の間)が設定よりも狭くなりがちですが、GPSの位置情報を元に植え付け位置を補正するので、設定した株間で植え付けが行えます。余分な苗を用意する必要がないのでコスト低減が図れ、均等な株間による安定した稲の生育も期待できます。

②「施肥量キープ」(※粒状側条施肥仕様のみ)は、植え付けと同時に施肥を行う場合にもGPSの位置情報でスリップによるバラツキを補正するので、設定した施肥量を散布できます。余分な肥料を使わずコスト低減が図れます。

③「直進キープ」は、GPSの位置情報を利用してステアリングを自動で直進方向に補正する「直進キープ機能」に加え、「条間アシスト機能」を装備。ほ場の端でターンしたときに進行方向がずれると液晶パネルに警告が表示され、ずれを自動で補正します。隣接する苗を踏んだり、苗と苗の間が広がりすぎたりしないので、不慣れなオペレータでもきれいな田植えが可能です。

④無線LANユニットを標準装備クボタ独自の営農・サービス支援システム「クボタスマートアグリシステム(KSAS)」に連動することで、ほ場ごとに設定した施肥量や植付株数(株間)などのデータを専用端末から送信し、作業設定を行えます。また、田植機の稼動情報の確認が可能になるので、不具合箇所の自己診断情報やメンテナンス情報(要点検、交換)を把握できます。

01. 株間キープ機能 NEW!
高精度田植えの実現で、低コスト農業を応援
GPSの位置情報を元にほ場内でのスリップ量を把握し、植付専用のHSTで制御しながら植付けます。ほ場条件が分からない初めてのほ場でも、狙ったとおりの株間で植付ができるので、余分な苗の準備にかかる時間と費用を節約でき、コスト低減が図れます。

02. 施肥量キープ機能(F仕様) NEW!
高精度施肥の実現で、低コスト農業を応援
GPSの位置情報を元にほ場内でのスリップ量を把握し、施肥専用電動モータで制御しながら肥料散布します。ほ場条件が分からない初めてのほ場でも、狙ったとおりの均一施肥ができるので、余分な肥料の準備にかかる時間と費用を節約でき、コスト低減が図れます。

03. 直進キープ機能(直進時自動操舵機能)(GS仕様)
簡単まっすぐ疲労軽減
GPSを活用し、一行程目に始点A・終点Bスイッチを押し、基準線を登録します。次行程から「GSスイッチ」を押すだけで、基準線に対して自動的に平行走行します。不慣れな方でも簡単にまっすぐ田植ができます。また、熟練のオペレータでも疲労軽減につながるので作業効率向上が図れます。

04. 条間アシスト機能 NEW!
田植機操作が不慣れなオペレータをアシスト
直進キープ開始時に隣接条間の「ズレ」をお知らせしアシストします。隣接条合わせをサポートするので、不慣れなオペレータでも安心です。

作業速度1.85m/s[NW8S・NW6S]

「高出力ディーゼルエンジン」×「軽量ボディ」で、ほ場条件を選ばない走破性を実現しました。

ハンドルを握ることなく人を目的地へ運んでくれる注目の先端技術、「自動運転」。乗用車にバスやタクシー、トラックなども加わり、モビリティの概念を根本的に変えつつあります。実は、そんな自動運転を “農業機械”で実用化するべく、クボタが研究開発を進めているのをご存じでしょうか。

GPS(全地球測位システム)を駆使し、人が乗らずに農作業を行う自動運転トラクタ、田植機、コンバイン。その中でも、自動運転トラクタは2017年6月からモニター販売を、2018年には一般販売をそれぞれスタートする計画で、国内メーカーが自動運転農機を販売するのはこれが初となります。

そもそも、なぜクボタは自動運転農機を開発したのか。「日本の農家は数が減り続け、同時に高齢化も進行しています。少ない人数で広い面積の農作業をこなす必要がありますが、熟練した技術を持つ人をなかなか新たに確保できない。そんな背景から、農作業に慣れない人でも使いこなせる農機への要望が以前から強かったんです」と、自動運転農機の開発担当者は言います。
「私たちクボタが目指しているのは、慣れていない人でも農作業ができ、安全で、かつ低コストで生産性も高い“高精度な次世代農業”。自動運転農機が製品化されれば、農業のさらなる効率化につながります。いまは大変な仕事といわれている農業ですが、IoTの活用によって農作業は機械が担い、人間は創造性を発揮する作業に専念する時代が遠からずやってくるでしょう」

最後の1コースは8条植えにはちょっと狭いのでは……と思って見ていると、自動で半分の4条 植えにチェンジして植え付け始めました。

田植機の動作で注目なのが、田植機に残された苗の使用量が自動計算されていて、苗が少なくなると田植機が苗の補給をするポイントまで自ら近寄ってくること。苗の補給にかかる時間と手間が軽減されるため、条数が多い場合には特に役立つ機能。実際の現場で何が求められるのかを逆算して考えた上で、機能の最適化を目指しているのです。

気になる方は、是非当店までお問い合わせください。
唐沢農機サービスへのお問い合わせはこちら

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP