TOPICS

「農機純正パーツお取り寄せサービス」の取扱いメーカーが増えました

これから刈払い機を使う季節がやってきますね!!

 

みなさまこんにちは!!最近は暖かくなり春がいよいよ近づいて来たのではないでしょうか?

今回、皆様にお伝えしたいのが、スチール製刈払機のススメです

 

と、なにか刈払機がないか??という方に見ていただきたいと思います!!(本当はすべての方に見ていただきたいです・・・・笑)

まず、初めにスチールのメーカについて、説明したいと思います。

STIHL は創業の時から、単に製品の設計と製造をするだけではありませんでした。STIHL のエンジニアは、作業者がより効率的に働く手助けとなる新しく実用的な製品を作るために、先見のアイデアと革新的な技術で製品を開発し続けています。
その結果、90年以上の歴史を経て、STIHL の名前はヨーロッパに留まらず、ロシア、アメリカなどの世界各国で最先端技術の代名詞となりました。今日、STIHLは全世界に38の販売子会社を持ち、STIHL製品は160ヶ国以上の国々で販売されています。そして、販売台数世界No.1のチェンソーブランドの地位を確立しています。

出典:STIHL 会社概要

なんとSTIHLは世界160ヶ国以上の国で販売されているんですね!!
驚きました!

 

それでは、STIHLの刈払機について説明します。

当店でも、取り扱いのあるSTIHLですが、主なラインナップは7つあります。

 

FS55C-E・・・・・・「合わせる、通す、巻く」の3ステップでナイロンコードが楽々巻きとれるAutoCut C 26-2を標準装備。キックバックが無く、切れ味が持続するナイロンコードを装備することにより効率よく作業が行えます。

排気量27.2cc

FS23C・・・・・・・個人ユーザーの庭先の手入れから水田のメンテナンスまで、身近な除草に適した設計を施しています。難しいアクセル調整・操作不要の最新コントロールハンドル「ECOSPEED」、人と環境に優しい最先端の2-MIX エンジン、簡単エンジン始動のエルゴスタートを標準装備しています。

排気量21.4cc

FS24C・・・・・・・造園管理や林業など、タフな作業に最適です。除草から除伐まで刃の組み合わせにより、様々なシーンに柔軟に対応できます。難しいアクセル調整・操作不要の最新コントロールハンドル「ECOSPEED」、人と環境に優しい最先端の2-MIX エンジン、簡単エンジン始動のエルゴスタートを標準装備しています。

排気量21.4cc

FS25C・・・・・・・水田の管理や竹林の手入れといった利用シーンを踏まえ、ボディのバランスに至るまで、快適な使い心地を追及しました。難しいアクセル調整・操作不要の最新コントロールハンドル「ECOSPEED」、人と環境に優しい最先端の2-MIX エンジン、簡単エンジン始動のエルゴスタートを標準装備しています。

排気量24.1cc

FS26C・・・・・・・ボディは軽く、長時間、広範囲の草を刈ることができるので、広域メンテンスに活躍します。難しいアクセル調整・操作不要の最新コントロールハンドル「ECOSPEED」、人と環境に優しい最先端の2-MIX エンジン、簡単エンジン始動のエルゴスタートを標準装備しています。

排気量24.1cc

排気量について!!

排気量はエンジンの性能を表す指標のひとつで、要するに、刈払機のパワーのことです。一般的に各メーカーからは20~30ccの排気量の刈払機が販売されており、排気量によってクラス分けされています。 排気量が高くなるほどパワーと作業効率が上がりますが、その分重量が増すのが難点です。刈りたい草の種類や目的に合わせて、適した排気量のものを選ぶと良いでしょう。

【20cc】

非常に軽くて取り扱いが容易なタイプです。女性でも簡単に扱えるでしょう。しかし、パワーは弱く、庭先の柔らかい草を短時間刈るといった用途にしか利用できません。業務用としてはあまり適していないと言えるでしょう。

【23cc】

軽く、持ち運びにも便利で扱いやすいタイプです。パワーもそれなりで、庭やあぜ道といった平地の柔らかい草を刈ることができます。とはいえパワー不足は否めず、広い範囲を行うには時間がかかってしまうでしょう。硬い草や太い草にも向いていません。

【26cc】

パワフルなタイプで、硬い草や小枝でも効率よく刈ることができます。スピーディーに広範囲を刈りたいという時にオススメです。農業用地や土手など、広い場所を手早くキレイにできます。長時間にわたる作業に適しており、ナイロンカッターの利用も可能です。しかし、重さもあるため、女性が扱うのは難しいでしょう。

【30cc】

非常にパワーの強いタイプで、山林など特定の作業地で使用されます。背の高い草や、笹・竹にも対応できるため、生い茂った下草の処理などにオススメです。ハイパワーで一気に刈り込めるため、硬く太い草がたくさん生えている場所でも効率よくキレイにできます。その代わり重量はかなり重く、使いこなすにはコツが必要です。

まとめ

上記の説明をみていただくと分かる通り、STHILの刈払機はとてもパワフルで、プロ向けとして考えていただいていいと思います。また、STIHLは対面販売を主にやっているので、中々見かける事も少ないかもしれません・・・・

しかし、海外のパワー溢れる刈払機を手にとってお使いになられれば判るはずです!!

今度の休みにお近くの、STIHL取り扱い店に出かけてみてはいかがでしょう?

 

関連記事一覧

PAGE TOP