「信州ごちイチゴ」ハウス内設備大公開!

先月定植が終了した「信州ごちイチゴ」

前回のブログはこちら

高品質なイチゴを作るべく手入れも欠かさず行っておりますが、イチゴのための環境を作るための設備も非常に重要です

今回は「信州ごちイチゴ」を栽培するハウスの設備についてご紹介します!

暖房機・光合成促進機

イチゴ栽培をする上で欠かせない暖房機

カラサワファームでは「ネポン」社の暖房機を使用しています

設定した温度を下回ると運転をしてくれる優れものです

知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか「光合成促進機」

こちらは機械の名前の通り光合成を促進するために炭酸ガスを発生してくれます

時間設定ができるので光合成が活発な午前中に施用しています

またこちらもネポン社のものを使用しているため炭酸ガスを施用しているときは暖房機のファンが一緒に稼働し二酸化炭素を隅々まで運んでくれます

唐沢農機でもネポンを扱っていますので興味あるかたはお問い合わせください

 お問い合わせはこちら

ハウスカーテン自動開閉装置

秋口でも日中は40度を超えるハウス

しかも最近は気温の変化が激しく、手巻きの方はハウスのカーテンの開け閉めだけで結構な労力を使っているのではないでしょうか?

昨年のカラサワファームもハウスカーテンの開け閉めにかなり、時間と労力を割きました

そんな反省から今年、ハウスカーテンの自動開閉装置を導入しました

こちら設定した温度を超えると開くのはもちろん、急激な温度変化をさけるため少しずつ開閉してくれる優れものです

国内のメーカーさんからの購入ですと50万はしてしまうものですが、今回韓国のメーカーを紹介していただき、かなり安く導入することができました

朝、夕ハウスの開け閉めの作業がなくなりかなり安心できるようになりました

こちらのハウスカーテン自動開閉装置の代理店業務も行っていますので興味ある方はご連絡ください

 お問い合わせはこちら

おんどとり

ハウスカーテン自動開閉装置をつけているとはいえ、機械に故障はつきものです

ハウス内にいれば問題ないのですが、そうではない時だと気づかずに作物をダメにしてしまうかもしれません

そんな時に温度以上を伝えてくれるものを探していたところ「おんどとり」というのを見つけました

設定した温度以上、以下になるとショートメッセージとメールで知らせてくれます

さらに温度・湿度のデータが保存できるので来期の栽培にいかせます

現在、飽差管理に力をいれているため温度湿度が変化した時に栽培方法を決める指標にすることもできます

ミスト

上記で述べたように飽差管理に力をいれています

そのためには極力温湿度をコントロールできる環境が必要です

そこで扇風機につけられるミストを設置いたしました

しかし、飽差管理用のミストはコストが高いため、今期は市販で販売されているもので実験中です

まとめ

ここまでカラサワファームのハウス設備をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか

施設栽培を行っている方ですと、導入したい設備が沢山あると思います

ですが予算の都合で購入できないものがほとんどだと思います

しかし、工夫すればカラサワファームのミストのように安く設置することも可能です

「新しい農業の仕組みの実験場」として設備も色々実験していけたらと思います

関連記事一覧

PAGE TOP