草刈りで時間を無駄にしたくないあなたへ!!!

いきなりこんな題名ですみません。 昨年、ブドウ栽培に関する作業を経験し、気づいたことがあったのでこのブログを書かせていただきました。

「草刈り代行」を始める理由

まず始めに草刈り代行に興味を持った農業法人様・農家様・耕作放棄地をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

作業時間の20%が草刈りだった!?

私は普段から、どの作業にどれほど時間をかけたかを日誌に記録しています。 それを確認したところ、昨年7月〜10月の作業時間中、実に20%が草刈りの作業だったことがわかりました。 カラサワファームでは草刈り作業を乗用の草刈り機で行っているので、手押しの草刈り機に比べたらかなり早く刈れるはずです。 それなのに作業時間の20%が草刈り作業だったのです。 手押しの草刈り機で行っている方は、倍以上の時間がかかっているのではないでしょうか?

草刈りのための20%の時間を、もっと有効に使いませんか?

作業時間の約20%を占める草刈り作業がなくなれば、20%分他のことに時間が使えます。 1ヶ月の作業時間が100時間であれば、20時間も他に使うことができるということになります。 私の考えですが、20時間あれば休みのない農家さんも1ヶ月に3日近く休みが取れます。 また、儲からないと言っている農家さんも20時間でどうすれば高く売れるか考える時間が作れます。 作業時間の20%って、考えてみると非常に大きいのです。

草刈り代行始めます!

ある農家さんが「農業は草刈りとの戦いだ」と言っていました。 しかし、その草刈りを誰かにお願いできたらどうでしょう? 「良い農産物をつくる」「販路拡大を検討する」など色々なことに時間が使えるのではないでしょうか? 幸いカラサワファームでは6月にイチゴの栽培がひと段落します。 草刈りが必要な7月から11月は、皆さまの草刈りのお手伝いができます。 草刈りから解放されて、今まで草刈り作業に費やしていた20%の時間を、有意義に使ってみませんか?

☆草刈り代行に興味を持ったあなた

興味のある方はこちらまで info@karasawanouki.co.jp

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP