TOPICS

草刈り機レンタル事業を開始しました

背伸びしたっていいじゃない!

今回はこのタイトル「背伸びしたっていいじゃない!」についてお話したいと思います。

何を背伸びする?

要するに、ハッタリを言いまくりなさい!ということです。
ハッタリって。。。 しかも言いまくりなさいとは。。。
馬鹿じゃないですか?って声がどこかから聞こえてきそうです。(正直ボクもそう思います)

でも、ハッタリを言いまくるべき真意が別にちゃんとあります。
ハッタリは、やる気を出させてくれる言わば「滋養強壮剤」でもあるのです。

ハッタリを言いまくる理由

営業先では、色々と自社の売り込みやサービスの紹介をし、お客様のご要望を現実にできるようにミーティングしますよね?
その中で、「これちょっとできるかな?」という事が話題に挙がったとします。
多分ほとんどの方は、「帰って確認してお答えします」とか、「どうでしょう?ちょっと調整させて下さい」などと答えてしまうのではないでしょうか。
最悪の場合は「出来ません」なんて言っちゃう人もいそうですよね?
でも、そのミーティングが受注に直結しそうな場合や、競合と争っている場合だったらどうでしょう?
前向きでない返答を口にした瞬間に、受注いただけなくなってしまいますよね?

だ・か・ら ハッタリを言うんです

「出来ます」「可能です」「弊社でしか出来ません」と、大ホラ吹きもいいところですが、キッパリ言い切ってしまいましょう!
そうしたら、受注が取れるかもしれません。
(絶対ではないですが、言わないより言って受注が取れないほうが気持ちがいいじゃないですか)

でも本当の勝負はここからです。(ホントの滋養強壮剤を飲みましょう)
あなたはお客様とのミーティングでハッタリを言いました、確かに、、、。
でも、そのハッタリをハッタリでなくすのは、あなたのがんばり次第です。
希望した事ができるように試行錯誤し、更には血の滲むような思いで知恵を使い、今までには出来なかったことを可能にする。その努力が必要なのです。
ハッタリを言ってしまった手前、「嘘つきにはなりたくない」と自分に言い聞かせながら必死に不可能を可能にするんです。
だからオンリーワンのものができるし、自分が持っている以上の仕事(可能性)が出来るんではないでしょうか?僕はそう思います。

人間って、自分に甘い生き物だと思うんですよ!
だからこそ、自分を自分で追い込むことで可能になることって沢山あると思うんです。

「諦めたらそこで試合終了ですよ」←(安西先生の言葉)

ハッタリがハッタリでなくなった瞬間、自分がひとまわり成長します。
それが、僕の仕事に対する向き合い方です。

関連記事一覧

PAGE TOP