TOPICS

ハンディーツールレンタル事業を開始しました

草刈代行サービスの現場担当から見たメーカー別刈払機の紹介

お世話になっております。 農業事業部(カラサワファーム)の依田です。

弊社唐沢農機サービスの農業事業部では現在、草刈代行サービスを行っております。

草刈代行サービスは作業をする機械がない・刈る人がいない、伸びすぎて手に負えないという状況にお困りの方が依頼してくださいます。

依頼で使う機械は刈払機を用いていますが、形は大体同じですが、メーカーによって性能に違いがあります。

今回の記事は草刈代行の現場担当から見た、使いやすい一般向けの刈払機や、林業に使う業者向けの刈り払い機を紹介していきたいと思います。

なお、刈払機は種類が非常に多いので今回は両手ハンドル式のオーソドックスな形の機械を紹介します。

共立 (株式会社やまびこ)      SRE2230UT

SRE2230UT

 

 

本体質量3.5kg

寸法(長さ×幅×高さ)(mm)1692×569×398

本体乾燥質量(kg)3.5

排気量(cm³)20.9

エンジン始動方式Iスタート(コイルダンパータイプ)

希望小売価格(税込)¥56,100

一般的な刈り払い機は大体4㎏前後の重さですが、この機械は3.5㎏とかなりの軽量化を図っています。

丈の短い草には十分なスペックを発揮しますが、排気量が少ないのでナイロンカッターでの作業には適していません。

作業をするにあたり機械の【軽さ】は重要な要素ですので、長時間の作業を行う場合に適しています。

 

ゼノア                     BCZ265W-D

「BCZ265W-DC」の画像検索結果本体質量 4.7 kg

排気量(cm³)25.4 см³

長さ×幅×高さ)1841×560×385

希望小売価格(税込)¥72,100

 

 

 

ゼノアのゼノア最新型刈払機です。新型のキャブレター「デュアルチョークキャブレタ」を搭載し

始動性と始動直後の加速性が大きく改善されています。

排気量が25.4 см³あるので、ナイロンカッターや、丈の長い草にも十分対応が可能です。

独自のトリガーレバーで作業がしやすい構造です。

スチール           FS 250

FS 250

本体質量 6.3 kg

排気量(cm³) 40.2 cm³

タンク容量 0.64 L

全長   176 cm

希望小売価格(税込)¥44,800

 

 

 

林業に携わる方はご存知のスチールの刈払機です。パワーを必要とする山林での作業などを効率的に行うことができます。

深く生い茂った草や、林内に威力を発揮します。スチール独自の防振システムを搭載し、カッティングアタッチメント回転時

に伝わる振動をやわらげ作業をより快適で安全に行うことができます。

まとめ

以上のように、軽さ、バランス、高出力の順で紹介してきましたが、一般的に使うのはスチールとゼノアの刈り払い機で十分ですが

高出力の刈払機は山林用に留まらず耕作放棄地などの草刈に大いに約に立ちます。

草刈代行サービスでは耕作放棄地の依頼も多く、軽い機械でも作業が出来なくは無いですが、やはり力負けしてしまうことが多いので

バランスの良い25см³前後の機械が役に立っています。

いずれにしても、【その状況に合った機械を使う】ことが重要ですので、機械を選ぶ際にはよく仕様を調べてから購入するのが良いかと思います。

最も、私のように効率を重視するものにとってはパワーがあれば問題ない!・・と開き直って、あえて高出力の機械を使うのもアリなのかなと思います。

弊社はこれらの刈払機を扱っていますので、気になった方は是非お問い合わせ下さい。

お問い合わせはコチラ

 

レンタルもやっています

また、草刈りということで弊社では、草刈り機のレンタルも行っております。

ご自分で機械さえあれば出来るという方は是非こちらも検討してみてください。


下記からお申し込みが出来ます

ご相談はこちらから

唐沢農機サービス 農機部門 山﨑

TEL:0268-62-5262

FAX:0268-63-7085

メール:info@karasawanouki.co.jp

 

関連記事一覧

PAGE TOP